【冷え性におすすめの漢方薬】女性に多い冷え性の原因と漢方


あなたの体質をチェックしてみましょう

前回の【気血水は身体バランスのものさし】や【漢方の5つの要素】五行のバランスが健康のポイントにでは身体全体のバランスがとても重要だということをお話してきました。

私は規則正しく生活をしているのだから大丈夫だという方でも普段生活をしているとふとした瞬間にいつもと何だか身体の調子が・・・ということも。

毎朝の化粧のノリが悪い、最近疲れやすくなってきた、お肌や髪にツヤがないなんてことはありませんか?

無理なダイエットや過度な仕事によって知らず知らずのうちに疲れがたまっていたり、食事に含まれる栄養が足りないなんてこともよくあります。

特に血が不足している女性が多くいることです。

体内の血が不足すると貧血となったり、お肌にツヤがないという症状が出てきたりします。

東洋医学では血が不足している状態のことを「血虚(けっきょ)と呼びます。

【血虚】女性の身体と血の不足

西洋医学では血とは血液のことをいいますが、漢方では血(けつ)は血液だけでなくその中に含まれる栄養分や血液の流れのことも含みます。

血は体内で造られて全身をめぐり各臓器に栄養を与えて心臓へと戻ります。

血が不足してしまうと女性に多いのが身体の冷えです。

手足などの末端が冷える人や腰回りが冷える、上半身の特に頭はぽかぽかと温かいのに冷えているなど人によってその症状は様々です。

全身を巡る血が不足すると各臓器や器官に栄養が行き届かなくなり、例えば胃腸が弱まる、寝つきが悪くなる、髪やお肌の乾燥、妊活をしているけれどなかなかうまくいかいなど色んな症状が現れてきます。

血虚タイプのチェック方法

血(けつ)が不足している場合にはどのような症状が現れるのかはお分かり頂けたかと思います。上記でお話をしてきた内容はあくまで例であり、個人差はあります。

ここでは具体的に血虚タイプの人が起こりやすい症状をまとめています。

 □髪やお肌にツヤがない

 □貧血になりやすい

 □痩せている

 □目のかすみがある

 □寝つきが悪い

 □身体が冷える

当てはまる数が多いと血虚タイプである可能性があります。

また、身体の冷えは血の不足以外にも気の不足や滞りからもなるためより詳しく診断をするために一度専門家にご相談することをおすすめします。

血虚タイプの改善方法

普段仕事や家事で忙しくなかなか自分の身体のケアをできないという方もいるかと思います。

いつも口にしている食事を少し変えるだけでも身体に変化があるかもしれません。

POINT!

例えば、レバーやまぐろなどの鉄分を含む食べ物を食べる(女性の場合1日15~20mg)、肉や魚、卵などのたんぱく質を食事に取り入れる、鉄分の吸収をよくするためにビタミンCを摂取するなどもおすすめです。

POINT!

毎日がっつりと運動することは難しくても1日10~15分程度少し汗をかく程度のウォーキングを行ったり、週に1度はお風呂につかって15分程度身体を温めるのも冷え症の改善には効果的です。

まずは簡単にできることからはじめてみることが大切です。

漢方の考え方

〇貧血の場合によく使用される漢方薬

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

【効能・効果】体力虚弱で、冷え症で貧血の傾向があり疲労しやすく、ときに下腹部痛、頭重、めまい、肩こり、耳鳴り、動悸などを訴えるものの次の諸症:月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害、産前産後あるいは流産による障害(貧血、疲労倦怠、めまい、むくみ)、めまい・立ちくらみ、頭重、肩こり、腰痛、足腰の冷え症、しもやけ、むくみ、しみ、耳鳴り

【成分】シャクヤク、ソウジュツ、タクシャ、ブクリョウ、センキュウ、トウキ


加味帰脾湯(かみきひとう)

【効能・効果】体力中等度以下で、心身が疲れ、血色が悪く、ときに熱感を伴うものの次の諸症:貧血、不眠症、精神不安、神経症

【成分】オウギ、サイコ、サンソウニン、ソウジュツ、ニンジン、ブクリョウ、オンジ、サンシシ、タイソウ、トウキ、カンゾウ、ショウキョウ、モッコウ、リュウガンニク


十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)

【効能・効果】病後の体力低下、疲労倦怠、食欲不振、ねあせ、手足の冷え、貧血

【成分】オウギ、ケイヒ、 ジオウ、 シャクヤク、ソウジュツ、センキュウ、トウキ、ニンジン、ブクリョウ、 カンゾウ


〇冷えによく使用される漢方薬

当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅうしょうきょうとう)

【効能・効果】手足の冷えを感じ、下肢が冷えると下肢又は下腹部が痛くなり易いものの次の諸症:しもやけ、頭痛、下腹部痛、腰痛

【成分】タイソウ、ケイヒ、シャクヤク、トウキ、モクツウ、カンゾウ、ゴシュユ、サイシン、リョウキョウ


八味地黄丸(はちみじおうがん)

【効能・効果】体力中等度以下で、疲れやすくて、四肢が冷えやすく、尿量減少又は多尿で、ときに口渇があるものの次の諸症:下肢痛、腰痛、しびれ、高齢者のかすみ目、かゆみ、排尿困難、残尿感、夜間尿、頻尿、むくみ、高血圧に伴う随伴症状の改善(肩こり、頭重、耳鳴り)、軽い尿漏れ

【成分】ジオウ、サンシュユ、サンヤク、タクシャ、ブクリョウ、ボタンピ、ケイヒ、ブシ


当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

【効能・効果】体力虚弱で、冷え症で貧血の傾向があり疲労しやすく、ときに下腹部痛、頭重、めまい、肩こり、耳鳴り、動悸などを訴えるものの次の諸症:月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害、産前産後あるいは流産による障害(貧血、疲労倦怠、めまい、むくみ)、めまい・立ちくらみ、頭重、肩こり、腰痛、足腰の冷え症、しもやけ、むくみ、しみ、耳鳴り

【成分】シャクヤク、ソウジュツ、タクシャ、ブクリョウ、センキュウ、トウキ


苓姜朮甘湯(りょうきょうじゅつかんとう)

【効能・効果】腰に冷えと痛みがあって、尿量が多い次の諸症:腰痛、腰の冷え、夜尿症

【成分】ブクリョウ、カンキョウ、ビャクジュツ、カンゾウ


桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

【効能・効果】体格はしっかりしていて赤ら顔が多く、腹部は大体充実、下腹部に抵抗のあるものの次の諸症:子宮並びにその付属器の炎症、子宮内膜炎、月経不順、月経困難、帯下、更年期障害(頭痛、めまい、のぼせ、肩こり等)、冷え症、腹膜炎、打撲症、痔疾患、睾丸炎

【成分】ケイヒ、シャクヤク、トウニン、ブクリョウ、ボタンピ


加味逍遙散(かみしょうようさん)

【効能・効果】体力中等度以下で、のぼせ感があり、肩がこり、疲れやすく、精神不安やいらだちなどの精神神経症状、ときに便秘の傾向のあるものの次の諸症:冷え症、虚弱体質、月経不順、月経困難、更年期障害、血の道症、不眠症

【成分】サイコ、シャクヤク、ソウジュツ、トウキ、ブクリョウ、サンシシ、ボタンピ、カンゾウ、ショウキョウ、ハッカ


まとめ:冷えと漢方薬

お近くの漢方相談薬局で気になる症状などを伝えてあなたの体質に適した漢方薬を提供してもらうことをおすすめします。

POINT!

体質の改善は人により個人差はありますが3か月から半年、もしくはそれ以上かかることもありますが少しずつ改善できるよう食事や生活習慣の見直し、漢方薬での身体のケアを行うことが効果的です。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。

良かったらシェアしていただけるとうれしいです!


おすすめ記事

  1. 葛根湯はかぜのひき始めや上半身の凝りにおすすめの漢方薬

  2. 【気血水は身体バランスのものさし】気血水の特徴とその症状

  3. 足を押さえる女性

    足がつる時に使用する漢方薬!芍薬甘草湯の効果とは