漢方薬を販売するにはどんな資格が必要なの?

漢方薬を取り扱うには資格が必要です。どんな資格があれば漢方薬を販売することができるのかをご紹介していきます。

この資格を持っていればドラッグストアや薬局での販売もできるだけでなく開業もできます。

自分の体調を知るだけでなく家族や大切な人の役にも立てる漢方薬の資格です。

漢方薬の資格は大きく分けて2種類

ドラッグストアや薬局で勤務している人の中には、薬剤師や登録販売者がいます。

これらの資格を持っていれば漢方薬の販売に従事することができます。

薬局に行くと「一般従事者」、「薬剤師」、「登録販売者」どちらかの名札を付けたスタッフがいますね!

この「薬剤師」や「登録販売者」という資格が漢方薬の販売に必要な資格なのです。

薬剤師

薬剤師は漢方薬だけでなく、全ての薬を扱うことができる「薬のスペシャリスト」です。

薬学部を卒業してから国家資格である薬剤師試験に合格した人にだけ与えられる資格です。

薬剤師の資格を持っていることで、病院の近くにある調剤薬局での調剤業務や患者への服薬指導、ドラッグストアや薬局での管理者、介護訪問での服薬指導など幅広い場面で活躍できる資格です。

登録販売者

2009年に行われた法改正により新たにできた薬の販売資格です。

以前は薬種商と呼ばれる資格が2009年より「登録販売者」に変わりました。各都道府県にて年に1度行われる試験に合格することで登録販売者として活躍することができます。

登録販売者は一般用医薬品のうち、第二類医薬品や第三類医薬品を取り扱うことができます。

資格を持っているとドラッグストアや薬局、コンビニやホームセンターなどで医薬品を取り扱う職場で活躍することができます。

登録販売者資格の取得や実務経験

登録販売者の資格を取得するためには各都道府県で行われる登録販売者試験に合格しなければいけません。

2015年より前はこの資格を取得するためには実務経験が必要でしたが、2015年より実務経験がなくても誰でも受験資格が与えられているため、勉強すれば誰でも登録販売者になれる可能性があります。

登録販売者試験の試験内容

医薬品に共通する特性と基本的な知識:20問
人体の働きと医薬品:20問
薬事に関する法規と制度:20問
主な医薬品とその作用:40問
医薬品の適正使用と安全対策:20問

登録販売者試験に合格するためには、全120問中84問以上の正解、かつ各都道府県で設定されている各試験項目の最低点以上の正解で合格となります。

登録販売者試験に合格して漢方薬を取り扱うには


登録販売者の資格を取得すると漢方薬の販売や相談に従事することができます。

ここで注意して頂きたいポイントとして、漢方薬の中でも登録販売者が取り扱うことができるのは、あらかじめ箱詰めされている商品のみです。

漢方薬局の中にはお店で生薬を袋詰めする行為は薬剤師のみが可能ですが、出来上がった商品なら販売することができます。

登録販売者を取得して漢方薬専門店を開業したい

資格を取得しただけでは開業できないので注意をして頂きたいです。

登録販売者資格を取得して責任者として開業をするためには、2年以上の実務経験が必要となってきます。

過去5年間のうちに2年以上の実務経験があれば各都道府県で申請ができます。

この2年以上には複数店舗での実務経験を合計することができるため、転職した場合などには以前の職場で書類を貰っておきましょう。

登録販売者試験の勉強におすすめの本10選

登録販売者試験は各都道府県で年に1度だけ行われる試験です。

登録販売者の資格を所有しているだけで就職の幅も広がり、お給料UPも狙うことができます。

ここでは登録販売者試験の勉強に役立つおすすめの本をご紹介していきます。

1.医薬品登録販売者試験対策テキスト2020

<本書の特長>

●手引きのポイントがひと目でわかる
●医薬品登録販売者試験で高い合格率を誇る大手ドラッグストアの試験対策ノウハウがあなたを合格に導く!

医療従事者です。Webで過去の問題を解いてみましたが、自分の医療領域ではない分野はやはり難しいと感じました。いくつかの医薬品登録販売者試験対策の本を読みましたが、この【医薬品登録販売者試験対策テキスト2020 [ マツモトキヨシホールディングス ]】は過去の問題を上手く網羅されてると思いました。
ざっくり第5章まで1週間程度で読んでしまって、不得意な所を復讐すれば良さそうです。

引用:楽天ブックス

楽天でこの商品を購入する

2.ユーキャンの登録販売者 速習テキスト&重要過去問題集 第2版

<本書の特長>

◆テキストと問題集が1冊に!過去問200題収録で解答力もグーンとアップ!
◆厚労省「手引き」の出題ポイントを、ちょっとずつ学習できる「31日分」に収録!
(平成30年3月厚労省『試験問題の作成に関する手引き』に準拠)
◆初学者でも安心!豊富なふりがな&重要ポイントがよくわかるオールカラー誌面!

まったく知識なしで勉強しましたが
この1冊で合格点を取れました。
このテキストにでてくる
猫ちゃんのコメントが意外と大事だったりします。

引用:楽天ブックス

楽天でこの商品を購入する

3.登録販売者合格教本第4版 CD-ROM付き

<本書の特長>

【内容情報】(出版社より)
本書は厚生労働省「試験問題作成に関する手引き」(平成30年3月)に準拠しています。右ページに○×問題を配置した「テキストを読んだその場で問題が解いていける」書籍です。書籍の○×問題は1120題分掲載。付録CD-ROMには、平成29年度の試験問題を7地域840題分収録。Windows版のソフトウェアで徹底的に学習できます。

無事、こちらの本で合格できました。 合格教本なだけはあると思います。CD-Rをやって100%になるくらい勉強とあとは過去問繰り返しで合格できました。購入してよかったです。

引用:楽天ブックス

楽天でこの商品を購入する

4.7日間でうかる! 登録販売者 テキスト&問題集

<本書の特長>

●「試験問題作成の手引き」を独学者向けに薬の作用が理解しやすいよう、7つに分けて再編成。合格に必要不可欠なポイントのみに絞り込んだ内容で、短期間で効率よく“合格点”を目指すことができます。
●重要ポイントや頻出箇所には、判別しやすい「重要」「出題」などのアイコンで表示。さらに2019年度試験で複数の地区から出題された箇所をマーク。よく出るところが一目でわかります。

受験しようと思い購入。
サイト等で見ていると、いろんな本がお勧めだったりで、どの本かで迷いましたが、シンプルな色使いで、要点が赤色になっていて、とても見やすいので、この本に決めました。たまに吹き出し的にコメントをしてくれるのが心強いです。

引用:楽天ブックス

楽天でこの商品を購入する

5.登録販売者 試験対策 必修ポイント450

<本書の特長>

【内容情報】(出版社より)
登録販売者は医薬品販売の資格です。一般医薬品(OTC薬)のうち、第二類・第三類医薬品は薬剤師がいなくても登録販売者が売ることができます。

イラスト付きで分かりやすいと思います。欲を言えば、赤シートで消えればもっと便利かなと。

引用:楽天ブックス

楽天でこの商品を購入する

6.らくらく完全攻略!登録販売者試験一問一答&要点整理

<本書の特長>

【内容情報】(出版社より)
3月に改訂された厚生労働省の「試験問題作成に関する手引き」に準拠した最新版! 一問一答形式だから無理なく解いて実力アップ!広い試験範囲を総点検できるよう、充実の問題数を収録しました。コンパクトなサイズで、いつでもどこでも効率よく学習ができます。テーマごとに重要ポイントをまとめた要点整理ページ付き。

楽天でこの商品を購入する

7.平成31年度全国登録販売者試験過去問正解

<本書の特長>

【内容情報】(出版社より)
平成30年に実施された登録販売者試験問題と解答をセットにした過去問の決定版。

試験前に問題をひたすら解きました。自分の受ける地域だけでなく、全国の問題をやることが出来たのが良かったです。

引用:楽天ブックス

楽天でこの商品を購入する

8.ユーキャンの登録販売者 これだけ!一問一答&要点まとめ

<本書の特長>

(1)これだけはおさえたい基本事項をOX形式で総点検できる!
(2)問題と解答解説は見開き掲載。正しい知識を解いたその場で確認できる!
(3)重要事項は図表で「まとめページ」に掲載。試験直前まで大活躍!
(4)解説部分を付属の赤シートで隠せば穴埋め問題としても活用できる!

登録販売者試験に備えて、軽めのテキスト的な物が欲しかったので、購入しました。サイズ的にも持ち運びし易く、一問一答形式なので、すき間時間での学習に便利です。

引用:楽天ブックス

楽天でこの商品を購入する

9.これだけ覚える!登録販売者重要項目500

<本書の特長>

【内容情報】(出版社より)
厚労省発表の最新の「試験問題の作成に関する手引き」から、合格に必要な重要項目542をピックアップして解説。
5つの試験科目を網羅しているので、この1冊で基本的な内容を確実にマスターすることができる。知識の総チェックに役立つ一問一答問題も掲載。薬剤師チームが作成し、医学博士が責任監修。
暗記に便利な赤シート付き。

隙間の時間をみて暗記に使っています。わかりやすいと感じます。

引用:楽天ブックス

楽天でこの商品を購入する

10.うかる! 登録販売者 過去問題集 2019年度版

<本書の特長>

【内容情報】(出版社より)
『7日間でうかる! 登録販売者テキスト&問題集』でおなじみの堀先生が
過去6年間に全国で出題された問題の中から反復演習に最適な重要問題480問を厳選し、項目別に収録。
苦手分野を克服して、合格を確実なものに!

あっという間に、届きました(笑)
パラパラと見ましたが、とても分かりやすそうで…良かったです。

引用:楽天ブックス

楽天でこの商品を購入する

まとめ:漢方薬の販売には薬剤師や登録販売者資格が必要

今回ご紹介した資格を取得することで漢方薬を販売することができます。

POINT!漢方薬の販売には、単一の症状から判断するのではなく『証』を診ることが必要です。

 

気血水弁証や八綱弁証、臓腑弁証、病因弁証をしっかり学ぶことが大切です。

漢方薬の知識をしっかりと身に着けるためにも漢方スクールなどで実施されている勉強会や漢方養生指導士などの勉強をすることで、より知識が深まります。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。

良かったらシェアしていただけるとうれしいです!

おすすめ記事

  1. 【気血水は身体バランスのものさし】気血水の特徴とその症状

  2. 生理痛と漢方の考え方について

  3. 葛根湯はかぜのひき始めや上半身の凝りにおすすめの漢方薬