【お屠蘇の意味と由来】新年最初の日に飲む理由とは?


お屠蘇とは一年の邪気を払うことや健康長寿を願って正月に飲まれる薬酒です。

中国で始まった風習であると言われていますが、今のところ有力な文献は見つかっておらず、日本では平安時代からお屠蘇を飲む決まりがあると記されています。

お屠蘇を飲む目的

正月(元旦)の朝に飲むことで一家健康に一年過ごすことができることや家族全員の邪気を追い払う目的でお屠蘇を飲みます。

屠蘇(とそ)の漢字には蘇(悪い邪気)を屠(ほふる=滅ぼす)という意味があります。

新しい年に悪い邪気を追い払い、健康に過ごせるようにという考え方から新年の一番最初の日である正月に飲むようになりました。

また、お屠蘇は年齢の若い人から順番に飲み回すのが正しい方法です。

お屠蘇は漢方薬

お屠蘇に含まれる成分には屠蘇散(とそさん)と呼ばれる様々な生薬が含まれます。

白朮(びゃくじゅつ)や山椒、桔梗(ききょう)、細心(さいしん)、桂枝(けいし)、八角(はっかく)、防風(ぼうふう)など。

胃腸を健康にしてくれる健胃の役割があり、風邪の初期にも有効的だとも言われています。

特に冬場に多い風邪や胃腸機能が弱まった時などにも役立つ成分が含まれています。

お屠蘇の作り方

お屠蘇の作り方はとてもシンプルです。

①お酒200㎖と本みりん100㎖を合わせたものに、屠蘇散1袋を入れて5~6時間漬けておきます。

②完成です

※お屠蘇の味は使用するお酒やみりんの質によって飲みやすさが変わります。

上質で美味しいお屠蘇を作るならできるだけ雑味の少ない日本酒を使用したり、まろやかで甘い口当たりにしたい時には日本酒度の低いお酒を使用すると飲みやすくなりますよ。


おすすめ記事

  1. 生理痛と漢方の考え方について

  2. 気血水と薬膳

  3. よもぎ蒸しのおすすめポイント4選!女性に嬉しいよもぎ蒸しの効果とは?