漢方について

漢方

漢方とは鍼灸や漢方薬、食事による養生なども含まれています。

漢方と聞いたら漢方薬をイメージしがちですが、漢方=漢方薬ではないことを覚えておきましょう。

漢方の基本は、身体の不調がある時に病気や症状だけを見るのではなく、身体全体のバランスを見ることが大切です。

西洋医学では病気や症状単体で見るのに対して、東洋医学では身体全体を見てアプローチの仕方を考えていく特徴があります。

漢方の歴史について

漢方の歴史はとても長く、中国から日本に伝わり日本独自で発展を遂げてきた伝統医学です。

当時の日本では、中国から伝わった医学をそのまま使用していましたが、日本人に合った診断方法や漢方薬の選び方などを発見し、変化していきました。

漢方の由来

漢方という言葉は江戸時代に広く普及しました。ヨーロッパのオランダから伝わった医学を「蘭学」と呼ぶのに対して、中国から伝わった医学を「漢学」と呼んでいました。

そこから、日本独自の漢学へと変化を遂げて次第に「漢方」と呼ばれるようになりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました