【漢方の5つの要素】五行のバランスが健康のポイントに

漢方の5つの要素

私たちの身体を健康な状態に保つためには身体全体のバランスが大切です。

この身体のバランスが崩れると健康なからだを保つことができなくなってしまいます。

五行説

漢方では身体全体を5つの要素からなると考えられ自然界にある要素のバランスで考えられる「五行説」があります。

この五行説は五行論ともよばれ陰陽論とともに漢方医学では最も重要な理論ともいわれています。

五行とは「木(もく)・火(か)・土(ど)・金(きん、こん)・水(すい)」の5つの要素からなります。

この5つの要素は自然界に存在するあらゆるものがこれらのいずれかの要素に属しています。

身体の中にある五臓で例えると「肝(かん)」なら木、「心(しん)」なら火、「脾(ひ)」なら土、「肺(はい)」なら金、「腎(じん)」なら水の位置に属しています。

五行の性質

自然界にあるさまざま要素を五行で表せることがわかりました。

同じように私たちの身体の中のあらゆるものも五行で表すことができます。

西洋医学でいう臓器や消化器系などの五臓(ごぞう)や五腑(ごふ)、五感に伴う感覚器の五根(ごこん)、爪や髪などの五支(ごし)などから季節、色などまでも五行で表現できます。

それぞれの要素が各要素に対して働き、抑えたりすることでバランスが保たれています。

五行間での相互関係には相生(そうせい)、相克(そうこく)という言葉が使われます。

相生と相克

相生(そうせい)とは五行間で相手の要素を促進する働きのことをいいます。

肝⇒心、心⇒脾、脾⇒肺、肺⇒腎、腎⇒肝というように表でいうと時計回りの関係です。

相克(そうせい)は五行間に存在する要素を抑制する働きのことをいいます。

肝⇒脾、心⇒肺、脾⇒腎、肺⇒肝、腎⇒心というように時計回りでひとつ飛ばした相手に対して抑制する働きがあります。

このように私たちの身体の中ではそれぞれの要素が助け合いバランスを保つことで健康な状態を保つことができています。