【気血水は身体バランスのものさし】気血水の特徴とその症状

気血水

気の役割と異常

私たちの身体の中には「気・血・水」の3つの要素が常に巡っていることで健康を保つことができています。

気(き)は元気の気、やる気の気ともいわれるもので大気中の空気や食べ物から取り入れられます。

体内の気が不足してしまうと「気虚(ききょ)」と呼ばれる状態となり、元気がなかったり疲れやすくなり結果的に疲労倦怠感や胃腸虚弱などの症状にも繋がります。

逆に気が滞ってしまうことを「気滞(きたい)」よ呼ばれ、憂鬱な状態やヒステリーなどの精神的な症状が起こる場合があります。

気とは身体の中で上から下へと流れるものですが、逆に流れる状態を「気逆(きぎゃく)」と呼び嘔吐感や咳、冷えやのぼせにも繋がります。

血の役割と異常

血(けつ)は全身を巡っている血液のことであり身体の各臓器や組織に栄養を与える役割をします。

体内を巡る血が不足してその働きが低下している状態を「血虚(けっきょ)」と呼び、貧血や血行不良、皮膚の乾燥などの症状が現れます。

体内を巡る血が滞っている状態を「瘀血(おけつ)」と呼び血行不良により顔色が黒く見えたり舌や歯茎が赤紫色に変化するなどの症状が現れます。

特に女性の場合は月経異常や便秘、手足が冷えたりのぼせがあることもあります。

水の役割と異常

水(すい)とは身体を巡る血液以外の全ての体液のことをいい、汗や唾液、関節の中に含まれる液体(関節液)などを表し体内に溜まった老廃物を対外に排出したり身体に必要な水分のバランスを保つ役割があります。

水分バランスを整えてくれる水ですが身体のバランスが崩れて「陰虚(いんきょ)」と呼ばれる状態になると尿の量が増えて脱水症状が起きることで口の渇きや皮膚が乾燥している状態になります。

さらに体内にある水が滞っている状態のことを「水滞(すいたい)や水毒(すいどく)」と呼ばれ、頭に水が滞っていると頭痛やめまい、下半身に滞っているとむくみなどの症状が現れます。

まとめ

漢方医学では症状そのものを診るのではなく、それぞれの症状や身体の状態を総合して判断することであなたのお悩みに対して最適な漢方を提供することができます。

また、体質は普段の生活リズムや職場・家庭の環境から食事の内容などによっても変化し続けるため一度処方されたものを飲み続けるのではなく普段からどのような変化をしているのかを専門家と共に感じ取ることが大切です。

※一般的に「かぜ」と呼ばれるような症状の場合は頓服(とんぷく:一時的な服用のこと)としての服用でも改善に繋がる場合があります。