【漢方はじまりとは】漢方の歴史と気になる飲み方

漢方とは

漢方薬は自然由来のさまざまな生薬を組み合わせることによって、あなたの体質に適した対応ができます。

漢方は古代中国においてさまざまな生薬を組み合わせることでその効果を発揮することが知られ、その後日本で独自の発達を遂げてきました。

「漢方=漢方薬」よいう考え方をされる方が多くいますが実はそうではありません。

日本独自の発達を遂げた伝統ある漢方は漢方薬だけではなく養生や按摩、鍼灸、薬膳など幅広い意味で使用されています。

西洋薬は基本的には1つの症状に対して1つの薬剤を使用するのが一般的ですが、漢方薬はその組み合わせにより複数の効果が期待できるのが特長です。

伝統ある漢方も作用が複雑で解明しにくいところがありましたが、最近では徐々に解明されていることから病院だけではなく薬局やドラッグストアでも取り扱われるようになりました。

漢方の歴史

古代中国を起源とする漢方薬は6世紀以降に中国から日本へと伝わりました。その際に持ち込まれた大量の医学書や生薬が現在の漢方のはじまりといわれています。

漢の時代に広まった中国医学の古典には当時の医学に関するさまざまな内容が記されています。

中国最古の医学書である「黄帝内経(こうていだいけい)」は素問と霊枢にわかれており中国の伝統医学の視点から見た人体の構造や病気の仕組み、鍼灸などの内容が書かれています。

紀元前200年頃には植物や動物、鉱物などが薬としての効果を発揮することが記されている「神農本草経(しんのうほんぞうきょう)」が書かれました。

それぞれの生薬を薬効の強さにより上品・中品・下品と3つに分類されていることも有名です。

その他にも「傷寒論」や「傷寒雑病論」、「金匱要略(きんきようりゃく)」などもあります。

漢方の飲み方

現在流通している漢方薬には粉状のエキス製剤や煎じ薬が一般的です。

外出先での服用などの際には持ち運びやすいサイズのため利便性が良い、病院で処方された漢方製剤は保険適用となるため安く手に入るというメリットがある一方で煎じ薬に比べると効果も弱いといわれています。

エキス製剤を製造する際にはそれぞれの生薬を合わせたものを粉末状にするのですが、この時に成分の一部が蒸発しやすいことが効き目にムラがでやすいと言われている原因です。

煎じ薬は生薬をそのまま乾燥させた漢方薬に水を含ませて抽出したものを液体状で服用できることから、エキス製剤よりも吸収されやすく効果が期待できるといわれています。

普段使用するシーンに合わせてエキス製剤や煎じ薬のどちらを選択するかを決めるという方法もあります。

詳細は各漢方メーカーのページにてご紹介をしていきます。